介護・福祉人材を応援する貸付金

県民の皆様へ - 資金の貸付

  1. HOME
  2. 介護・福祉人材を応援する貸付金

介護・福祉人材を応援する貸付金

 福岡県社会福祉協議会では、介護の人材確保を図ることを目的に以下の貸付事業を実施しています。貸付金は各貸付事業に定められた要件を満たし、福岡県内の要綱で定められた施設等で介護等の業務に従事すれば、返還免除となる制度です。詳細はそれぞれのページをご覧ください。
※要件を満たさない場合は、返還となります。

1.介護福祉士等修学資金貸付

 介護福祉士(社会福祉士)養成施設に在学し、介護福祉士(社会福祉士)の資格取得を目指す学生の方に対し修学資金を貸し付けます。

【貸付限度額】

修学資金 月額50,000円以内(年額60万円を限度とする)
入学準備金 200,000円以内(入学時)
就職準備金 200,000円以内(卒業時)
国家試験受験
対策費用
1年度につき40,000円以内
※介護福祉士修学資金のみ
生活加算
(対象者のみ)
生活保護世帯および非課税世帯等条件を満たす方

【返還免除の要件】

 介護福祉士(社会福祉士)資格登録後、福岡県内の施設等で介護等の業務に継続して5年以上従事されると貸付金の返還が免除となります。

2.介護福祉士実務者研修受講資金貸付

 実務者研修施設に在学し、介護福祉士の資格取得を目指す方に対し研修受講資金等を貸し付けます。

【貸付限度額】

研修受講資金 200,000円以内(ひとり1回限り)

【返還免除の要件】

 介護福祉士資格登録後、福岡県内の施設等で介護等の業務に継続して2年以上従事されると貸付金の返還が免除となります。

3.介護人材再就職準備金貸付

 介護職員等として1年以上の実務経験がある有資格者の方に対し、介護職員等として福岡県内の介護保険サービス事業所・施設に再就職するための準備金を貸し付けます。

【貸付限度額】

再就職準備金 200,000円以内(ひとり1回限り)

【返還免除の要件】

 再就職後、介護職員等の業務に継続して2年以上従事されると貸付金の返還が免除となります。

4.福祉系高校修学資金貸付

 福祉系高校に在学し、卒業後、介護福祉士として福岡県内において介護の業務に従事しようとする学生に対し修学資金を貸し付けます。

【貸付限度額】

修学準備金
(入学金を除く)
3万円以内(入学時に限る)
介護実習費 年額3万円以内
国家試験
受験対策費用
年額4万円以内
就職準備金 20万円以内 ※卒業した翌年度に就職する意思がある場合に限る

【返還免除の要件】

 介護福祉士資格登録後、福岡県内の介護分野等で3年間引き続き介護職員等の業務に従事されると貸付金の返還が免除となります。

5.介護分野就職支援金貸付

 他業種で働いていた方で、かつ介護職員等として従事したことがない方であって、一定の研修等を修了し、福岡県内の介護事業所若しくは施設等で就労される方に対し、就職支援金を貸し付けます。

【貸付限度額】

就職支援金 20万円(ひとり1回限り)

【返還免除の要件】

 福岡県内で引き続き2年間介護職員等の業務に従事されると貸付金の返還が免除となります。

6.障がい福祉分野就職支援金貸付

 他業種で働いていた方で、かつ障がい福祉職員として従事したことがない方であって、一定の研修等を修了し、福岡県内の障がい福祉サービス等を提供する事業所若しくは施設等で就労される方に対し、就職支援金を貸し付けます。

【貸付限度額】

就職支援金 20万円(ひとり1回限り)

【返還免除の要件】

 福岡県内で引き続き2年間障がい福祉職員の業務に従事されると貸付金の返還が免除となります。