障がい福祉分野就職支援金貸付

県民の皆様へ - 資金の貸付 - 介護・福祉人材を応援する貸付金

  1. HOME
  2. 障がい福祉分野就職支援金貸付

障がい福祉分野就職支援金貸付

 他業種で働いていた方で、かつ障がい福祉職員として従事したことがない方であって、一定の研修等を修了し、福岡県内の障がい福祉サービス等を提供する事業所若しくは施設等で就労される方に対し、就職支援金の貸付を行います。福岡県内で引き続き2年間障がい福祉職員の業務に従事されると貸付金の返還が免除となります。

貸付対象

次の1~4の要件をすべて満たす方
  1. 県内の障がい福祉サービス等を提供する事業所若しくは施設等(※1)において障がい福祉職員(※2)として就労する方若しくは就労するに至った方
  2. 次の研修のいずれかを終了した方
    1. 介護職員初任者研修
    2. 介護福祉士実務者研修
    3. 居宅介護職員初任者研修
    4. 障害者居宅介護従事者基礎研修
    5. 重度訪問介護従業者養成研修(基礎、統合及び行動障がい支援のいずれかの課程と応用)
    6. 同行援護従業者養成研修(基礎と応用の両方)
    7. 行動援護従業者養成研修
  3. 初めて障がい福祉職員として就労する方(※3)
  4. 再就職準備金又は介護福祉分野就職支援金のほか、同種の資金の貸付を受けたことがない方
※1「障がい福祉サービス等を提供する事業所若しくは施設等」とは、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス、相談支援及び市町村又は都道府県が行う地域生活支援事業、児童福祉法に基づく障害児通所支援、障害児相談支援及び障害児入所支援並びに身体障害者支援法に基づく身体障害者生活訓練事業、手話通訳事業、介助犬訓練事業及び聴導犬訓練事業を提供する事業所若しくは施設、障害者総合支援法に基づく地域活動支援センター、福祉ホーム基幹相談支援センター又は身体障害者福祉法に基づく身体障害者社会参加施設及び医療保健施設のことです。
※2「障がい福祉職員」とは、主たる業務が直接支援の業務である職員です。相談業務、施設長業務は含まれません。
※3 雇用形態は問いませんが、週20時間以上、1年あたり180日以上の勤務が想定される方が対象です。

貸付額

貸付額 20万円以内(ひとり1回限り)

貸付利子

無利子

申請受付期間

 障がい福祉職員として就労した日から3カ月以内です(必着)。書類に不備がある場合は、受付できませんので御注意ください。
 月毎に貸付審査を行いますので、申請から貸付決定・送金まで1か月程度を要します。

連帯保証人

1名必要です。(法人可)
※申請者が未成年の場合、連帯保証人は法定代理人でなければなりません。

返還

 障がい福祉職員として就労した日から、県内の障がい福祉サービス等を提供する事業所若しくは施設等において障がい福祉職員として引き続き2年間(在職期間が720日以上かつ、業務に従事した期間が360日以上)障がい福祉職員の業務に従事したときに、申請を行うことで返還が全額免除されます。
※免除となるまでの間、現況届の提出等、所定の届出が必要です。
※退職等により、返還免除要件を満たさない場合は貸付額の返還が必要です。
返還期間 2年以内
返還方法 月賦、半年賦、年賦

申請書類

本会指定の様式と、住民票や所得証明書等を下記あて郵送または持参してください。
提出が必要な書類は、申請時チェックシートで御確認ください。
申請時チェックシート、様式は下記からダウンロードし、指定のあるものは必ず両面印刷してください。
印刷ができない場合は書類を郵送しますので、ご連絡ください。
※申請の前には、必ず「福岡県障がい福祉分野就職支援金 概要資料」をお読みください。

貸付決定後の手続き

 貸付を受けた方は、契約終了(返還を免除されるか、返還を完了したとき)までに、返還猶予申請、現況届(在職証明書)等、様々な届出等を行う必要があります。
 詳しくは、貸付決定時にお渡しする貸付の手引で御確認ください。
 様式は、下記からダウンロードするか、貸付の手引をコピーし活用ください。

書類提出先・問い合わせ先

福岡県社会福祉協議会 
福祉人材センター 障がい福祉分野就職支援金貸付係
〒816-0804 
春日市原町3-1-7クローバープラザ東棟2階
TEL 092-915-7055 
FAX 092-584-3319
※お問い合わせの際は、「福岡県障がい福祉分野就職支援金貸付の件」とお伝えください。
【開館日】火曜日~日曜日
【休館日】第4月曜日を除く毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)