日常生活自立支援事業

県民の皆様へ - 権利擁護

  1. HOME
  2. 日常生活自立支援事業
 「福祉サービスを利用したいけれど、手続きの仕方がわからない」「銀行に行ってお金をおろしたいけれど、自信がなくて誰かに相談したい」「通帳や印鑑など大切な書類をどこに置いたか忘れてしまう」など、生活の中でお困りの事はありませんか?
認知症、知的障がい、精神障がいなどで判断能力が不十分なため、日常生活でお困りの方を対象に、福祉サービスの利用手続きや金銭管理のお手伝いをして、住み慣れた地域で安心して暮らせるようにサポートします。
※市町村によっては、事業の名前や利用できる人、利用料などがパンフレットの内容と異なる場合があります。

サービス内容

福祉サービスの利用援助

福祉サービスを安心して利用できるよう相談・助言・情報提供を行います。

日常的な金銭の管理

毎日の生活に欠かせない生活費等のお金の出し入れをお手伝いします。

書類等の預かり

大切な書類や印かん、証書などを安全にお預かりします。

利用にあたって

ご自宅等を訪問し、本人の困りごとや契約意思、契約能力の確認をします。ご本人と話し合って、「支援計画」を作成し、契約を締結します。
契約後は「支援計画」に沿って生活をお手伝いします。

費用

利用相談は無料です。契約締結後は利用料や預かり料が必要となります。

利用相談

お住いの市町村社会福祉協議会にご相談ください。
市町村社会福祉協議会窓口一覧[PDF]

制度についてのお問い合わせ先

お住いの市町村社会福祉協議会 または
福岡県社会福祉協議会 
地域福祉部 権利擁護センター
TEL 092-584-7411 
FAX 092-584-3790