介護等体験事業

県民の皆様へ - 介護学習・体験

  1. HOME
  2. 介護等体験事業

令和4年度福岡県介護等体験事業について

平成10年度から、小中学校の教員免許を取得する場合に、社会福祉施設等で5日間、特別支援学校で2日間の計7日間の介護等体験を行うことが義務づけられました。
福岡県社会福祉協議会では、社会福祉施設等における介護等体験について施設と大学等との調整を行っています。
なお、個人での申込は受付けておりませんので、在学中又は卒業された大学等へご相談ください。

内容

社会福祉施設等における介護等体験

  • 高齢者、障害者及び児童に対する介護、介助
  • 高齢者・障害者及び児童の話し相手
  • 散歩の付添
  • レクリエーションや運動会等の行事の手助け
  • 掃除や洗濯等の業務の補助など

体験期間

5日間
介護等体験終了後、施設長名による「証明書」が交付されます。

対象

小学校・中学校の教諭の普通免許状を取得しようとする方

申込方法

申し込みは、「介護等体験申込書(様式1-2)」に必要事項を記入の上、大学・短期大学を通じて申し込んでください。

大学等は、「介護等体験申込総括書」及び「介護等体験申込者名簿」に上記書類を添えて、一括してお申し込みください。

介護等体験事業 様式

大学・短期大学用

社会福祉施設・事業所用

問い合わせ先

福岡県社会福祉協議会 
施設・人材・研修部 福祉人材センター
TEL 092-584-3330 
FAX 092-584-3319
【開館日】火曜日~日曜日
【休館日】第4月曜日を除く毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)