生活福祉資金貸付の特例貸付に関するご案内

生活福祉資金 コロナ特例貸付

  1. HOME
  2. 生活福祉資金貸付の特例貸付に関するご案内

新型コロナウイルス感染症の影響による一時的な生活資金の特例貸付に関するご案内

福岡県社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業や失業等により生活資金でお悩みの方に向けて、生活福祉資金のうち以下の資金について、特例貸付を実施しています。(貸付には審査があります)

 今般、国の方針により、下記のとおり申請の受付期間が延長されることが決まりました。
●緊急小口資金、総合支援資金(初回)・・・令和4年8月末まで
※総合支援資金(再貸付)の申請受付は令和3年12月末で終了しました。

また、貸付決定通知は原則として行わず、指定いただいた金融機関口座への送金をもって、貸付決定とさせていただきます。ただし、諸手続き等で決定通知書が必要な場合は福岡県社会福祉協議会まで御連絡ください。

緊急小口資金※休業された方向け

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用の貸付を行います。

対象者 新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

※従来の低所所得世帯等に限定した取扱を拡大
貸付上限額 10万円以内

※ただし、特に必要と認められる場合は、20万円以内
据置期間 令和5年12月末

※従来の2月以内とする取扱を拡大
償還期限 2年以内

※従来の1年以内とする取扱を拡大
貸付利子 無利子
申請期限 令和4年8月末まで
貸付の相談
申請窓口
県内市町村社会協議会一覧

総合支援資金(初回)※失業された方等向け

生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。

対象者 新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯

※従来の低所所得世帯に限定した取扱を拡大
※貸付に際しては、自立相談支援機関による継続的な支援を受けていただく必要があります。貸付後、できるだけ早い時期に、遅くとも償還開始となるまでに必ず自立支援相談機関に自身で連絡を入れ、今後の生活に関する相談を行い、継続した支援を受けてください。
貸付上限額 【2人以上】月20万円以内
【単身】月15万円以内
貸付期間 原則3か月以内
据置期間 令和5年12月末

※従来の6か月以内とする取扱を拡大
償還期限 10年以内
貸付利子 無利子
申請期限 令和4年8月末まで
貸付相談
申請窓口
【自立支援相談機関】
自立支援相談機関一覧
【申込窓口】
県内市町村社会協議会一覧

  全国社会福祉協議会において特例貸付に関するQ&Aが公開されていますので併せてご確認ください。

お申し込みには、印鑑、住民票(世帯全員分)、身分証明書(運転免許証写、健康保険証写等)の他に、給与の減収や失業したことがわかる資料が必要となりますので、まずは、お住いの市町村社会福祉協議会へご相談ください。

送金までに要する時間

  • 緊急小口資金 1週間~10日程度
  • 総合支援資金(初回)2~3週間程度
※福岡市にお住いの方に関しては、申請者数が多いため、申込書の提出から4週間程度要しています。
少しでも早い対応に努めてまいりますので、申込書の到着確認、審査状況、審査結果や送金予定日等、個別の状況のお問い合わせはお控えくださるようお願いします。

相談・申請機関一覧

【自立支援相談機関】
自立支援相談機関一覧
【申込窓口】
県内市町村社会協議会一覧

特例貸付に関する一般的なお問い合わせ先

個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター(厚生労働省設置)
TEL 0120-461-999
(土日・祝含む9:00~21:00)

実施主体

福岡県社会福祉協議会 生活支援部 生活福祉資金課
(生活福祉資金 特例貸付コールセンター)

TEL 092-718-7720
(平日9:00~17:30)
※上記電話番号がつながりにくい場合は、下記番号でもお問い合わせを受け付けています。
080-8594-4994
080-8594-4995
080-8594-4996
080-8594-4997
※いずれの番号も「特例貸付コールセンター」につながります。