機関誌・発行物

  1. HOME
  2. 機関誌・発行物
本会が発行、作成した資料です。一部は下記よりダウンロードいただけます。

機関誌

ふくおかのふくし

「ふくおかのふくし」は、昭和58年4月から発刊され、180回を超える発行回数を数える福岡県社会福祉協議会の広報紙です。県内の福祉動向の紹介など、さまざまな福祉情報を掲載しています。
障がい者福祉情報

「障がい者福祉情報」は、昭和64年6月から発刊され、150回を超える発行回数を数える障がい者福祉の情報を掲載した機関紙です。障がい福祉に関する制度や県内の関連情報など、さまざまな情報を掲載しています。

発行物

社会福祉手帳・民生委員児童委員手帳

福岡県内の社会福祉施設や関係機関の一覧に加え、福祉関係の法律やふくしの保険など、福祉に関係する基本情報や役立つ情報を多数掲載したコンパクトな手帳
1冊900円
障がい者福祉情報ハンドブック2022

障がい児者を取り巻く様々な制度・施策、県内の関係事業等の実施状況、市町村が実施する地域生活支援事業等に関する内容等をより充実して掲載
1冊1,300円
「社協・生活支援活動強化方針」
チェックリストの効果的活用のための資料

「社協・生活支援活動強化方針」の目指す方向性について組織で共通理解を図り、現状把握、自己評価・分析を踏まえ、今後の事業・活動の方向性を見出すためのツールとしての資料
社協活動事例集「これからの社協の取組を考えるために~ちょっとした工夫・視点を変えるだけで~」

「地域共生社会の実現」に向け、県内市町村社協で実際に取り組まれている事例を紹介
福祉教育教材「ともに生きる」

小学校3年生から6年生を対象とし総合的な学習の時間をはじめ、子どもたちの様々な学びにおける事前学習やふりかえりに活用できる教材
福祉教育教材「ともに生きる」活用のための資料

福祉教育教材「ともに生きる」の活用の推進を図るため、章ごとに「学習活動例」、「指導上の留意点」をまとめた資料
学校向け福祉教育パンフレット「学校・地域・家庭がつながる福祉教育~社会福祉協議会がお手伝いします!

学校、社協、地域が連携した福祉教育を県下に広げる一環として、福祉教育に関する説明、福祉教育プログラム等の提案をする際の資料
福岡県版福祉教育教材「ともに生きる」を活用した学校・社協・地域ですすめる福祉教育プログラム集

実践現場で福祉教育教材「ともに生きる」を一体的に活用するための福祉教育プログラム集
市町村社協モデル指定事業報告書

「共助社会づくりに向けた小地域福祉活動推進のための市町村社協モデル指定事業」のテーマに基づき取り組んだ9つの市町社協の2ヵ年の事業成果および代表的な取り組みをまとめた資料集