福岡県福祉サービス第三者評価推進機構

福祉サービス第三者評価事業とは
 「第三者評価」とは

福祉サービスの「第三者評価」は、「社会福祉法人等の提供するサービスの質を事業者及び利用者以外の公正・中立な第三者機関が専門的かつ客観的な立場から行った評価」であるとされています。

第三者評価事業のポイントは、以下の2点に整理できます。

@当事者(事業者および利用者)以外の第三者による評価であること

A専門的かつ客観的な立場からの評価であること


 第三者評価事業の法的な位置づけ

平成12年6月に施行された社会福祉法第78条は、「福祉サービスの質の向上のための措置等」として次のように規定しています。

《参考 社会福祉法》
(福祉サービスの質の向上のための措置等)

第78条  社会福祉事業の経営者は、自らその提供する福祉サービスの質の評価を行う

ことその他の措置を講ずることにより、常に福祉サービスを受ける者の立場に立って良質

かつ適切な福祉サービスを提供するよう努めなければならない。

2  国は、社会福祉事業の経営者が行う福祉サービスの質の向上のための措置を援助す

るために、福祉サービスの質の公正かつ適切な評価の実施に資するための措置を講ずる

よう努めなければならない。

第三者評価事業フローチャート
フローチャート
対象となる福祉サービス

「福祉サービス」とは、次に掲げる事業及びサービスをいいます。

  1. 社会福祉法に規定された社会福祉事業として提供されるすべての事業(ただし、社会福祉法に規定された「福祉サービス利用援助事業」及び「連絡又は助成を行う事業及びその他の相談を行う事業」は除く)
  2. 介護保険法で規定された居宅サービス及び施設サービスとして提供されるサービス

    (「福岡県福祉サービス第三者評価機関認証実施要領」第3条 抜粋)

第三者評価事業のQ&A
福岡県庁 福岡県福祉サービス第三者評価ホームページ
評価申込

評価申込は直接下記の評価機関に申込みください。


評価機関一覧

▲ページのトップへ
(C) Copyright 2007 Fukuoka Prefectural Council of Social Welfare All Right Reserved