本文へスキップ

電話でのお問い合わせは092-584-3388

メールでのお問い合わせはこちら

募金の使いみち

歳末たすけあい募金

■歳末たすけあい募金の使いみち

 歳末たすけあい募金の発祥は、救貧対策として「金品持ち寄り」による民間の自主的な取り組みであり、現在も、地域住民同士の「たすけあい」「ささえあい」の精神が根づいています。
 そのため、現在でも、支援を必要とする方々への「見舞い金事業」だけでなく、「支援が必要な方を地域で見守る事業」、「高齢者の生きがいづくり事業」、「子育てを応援するための事業」、「地域の交流事業」、「防災、防犯事業」など、自分たちが住む身近な地域福祉・在宅福祉サービスなどにも使われています。
 また、NHK歳末たすけあい募金では、「県内の児童福祉施設の中・高等学校卒業者への進学・就職準備金」や、在宅で介護を行っている方々を支援する「在宅介護者の会の支援」などを行っています。

 なお、歳末たすけあい募金の詳しい使いみちについては、赤い羽根データベース「はねっと」で公開しています。

■歳末たすけあい募金は、このような活動に配分されています


おせち料理の配布(見守り訪問活動)
 各地域では、一人で暮らしている高齢者や支援が必要な方々に、おせち料理やお餅を届けたり、話をしたりする見守り・訪問活動を行っています。
 誰もが元気に、安心して暮らせるように、共同募金は使われています。
 

地域での交流活動
 地域で行う餅つきなどの交流活動は、子どもからお年寄りまで、多世代で交流する貴重な機会です。
 共同募金は、地域の絆を育むためにも使われています。

 共同募金について

共同募金とは

 ・共同募金運動について
 ・赤い羽根共同募金
 ・歳末たすけあい募金
 ・災害等準備金と災害義援金
 ・共同募金実績報告

募金の使いみち

 ・赤い羽根共同募金
 ・歳末たすけあい募金
 ・災害等準備金
 ・支援金
 ・災害義援金
 配分結果報告
 ・ありがとうメッセージ

 寄付をしたい

いろいろな募金方法

 ・募金の方法
 ・企業等の社会貢献活動
 ・寄付つき商品

赤い羽根自販機

 ・設置協力のお願い
 ・福岡県内の設置状況

税制上の優遇措置

 ・税制上の優遇措置について

受配者指定寄付金

 ・受配者指定寄付金制度とは

寄付者のご紹介

 ・寄付者のご紹介

 配分を受けたい

配分について

 ・配分とは
 ・申請方法

他団体からの助成

 ・民間公益資金情報

法人情報

リンク

リンク