本文へスキップ

社会福祉法人 福岡県社会福祉協議会

電話でのお問い合わせはTEL.092‐584‐3377

〒816‐0804 福岡県春日市原町3丁目1‐7

ひとり親家庭の親の自立支援を目的とした資金貸付の相談

     

ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付制度

 福岡県社会福祉協議会では、ひとり親家庭の生活の自立と負担軽減を図ることを目的に以下の貸付事業を実施しています。貸付金は各貸付事業に定められた要件を満たし、一定期間業務に従事すれば、返還免除となる制度です。
 詳細は、それぞれのページをご覧ください。

入学準備金・就職準備金について

 高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し、将来福岡県内において、取得した資格が必要な業務に従事しようとするひとり親家庭の親に対し、高等職業訓練促進資金を貸し付け、その修学を容易にすることにより、資格取得を促進し、ひとり親家庭の親の自立を図るため貸付を行う制度です。

1 対象者及び条件
  次に掲げる要件を全て備えている方
(1)ひとり親家庭の親であって、母子家庭高等職業訓練促進給付金及び父子家庭高
  等職業訓練促進給付金の支給を受ける方であり、かつ、原則として福岡県内の
  市町村(政令都市を除く。)に住民登録をしている方
(2)養成機関への入学又は就職に際し、経済的援助を必要とすること
(3)養成機関修了後、福岡県内において、取得した資格が必要な業務に従事しよう
  とする方

2 貸付額
(1)入学準備金  500,000円以内
(2)就職準備金  200,000円以内
  ※どちらも申請を希望する場合は、入学時、卒業時にそれぞれ申請が必要です。

3 返還が免除となる要件

  次の場合、貸付を受けたひとり親家庭高等職業訓練促進資金の返還の債務を免除
 します。
(1)養成機関を修了し、かつ、資格取得した日から1年以内に就職し、県内におい
  て、取得した資格に係る業務に従事し、5年間引き続きこれらの業務に従事した
  とき。
(2)資格業務に従事している期間中に、業務上の事由により死亡し、又は業務に起
  因する心身の故障のため資格業務を継続することができなくなったとき。

 「ひとり親家庭高等職業訓練促進資金(入学準備金・就職準備金)について」
 ご参照ください。

住宅支援資金について

 就労を通じた自立支援に向けて意欲的に取り組んでいるひとり親に対し、住居の借り上げに必要となる資金の貸付、終了に資する住宅の居住の促進を図るため貸付を行う制度です。

1 対象者及び条件
  次に掲げる要件を全て備えている方
(1)ひとり親家庭の親であって、児童扶養手当の支給を受けている方
(2)福岡県内(政令市除く)の母子・父子自立支援プログラムの策定を受けて
  いる方

2 貸付額
  住宅支援資金 月額40,000円以内、12か月上限
  ※家賃実費額(共益費、管理費等除く)が対象となります。

3 申請期間
  
自立支援プログラムの支援期間内

4 返還が免除となる要件

  次の場合、貸付を受けたひとり親家庭高等職業訓練促進資金(住宅支援資金)の
 返還の債務を免除します。
(1)現に就職していない方が住宅支援資金貸付日から1年以内に就職又は現に就職
  している方がプログラム策定時より高い所得が見込まれる転職等をし、1年間引
  き続き業務に従事したとき。
(2)業務に従事している期間中に、業務上の事由により死亡し、又は業務に起因す
  る心身の故障のため資格業務を継続することができなくなったとき。

 「ひとり親家庭高等職業訓練促進資金(住宅支援資金)について」をご参照くだ
さい。


◆申請書類提出先・問い合わせ先◆
  福岡県社会福祉協議会 総務企画部 総務課
  TEL 092-584-3377 FAX 092-584-3369

information

社会福祉法人
福岡県社会福祉協議会

〒816‐0804
福岡県春日市原町3丁目1‐7
TEL.092‐584‐3377
FAX.092‐584‐3369